家庭的保育サービスのマーケティング計画を作成する

マーケティング計画の作成

 
どのような事業においてもそのサービスの販促活動を継続的に行う必要があります。たとえ定員が一杯で欠員がなかったとしても、保育者の事業と保育サービスを可能な限り周知させる努力を続けることは大切なことです。このため、マーケティングは継続する意図を持って始めること必要がなのです。
 

地元の情報サービスやその他のサービスを利用する

管轄する自治体への届け出、および登録は極めて重要でとなります。自治体によっては公式のホームページで施設の情報について公開、案内を行っているところもあります。こうしたサービスを積極的に利用することで、施設の認知度を上げていくことも大切なことなのです。

英国では居住する地域の家族情報サービス(FIS)に自分の詳細情報を登録することが極めて重要である。家族情報サービスから送付されてきたフォームは必ずすべて記入し、すべての質問に回答するよう努めることが重要です。欠員が生じた場合や、別の資格を取得した場合など、詳細事項に変更がある場合は早急に家族情報サービスに知らせましょう。
データ保護法(1998年)に基づき、家族情報サービスに提出した情報はすべて非公開とされ、通常は契約書か欠員の詳細に関するフォームに署名して同意を与えた場合のみ、一般に提供され、インターネット上に公開されます。こうした許可を与えなければ、情報は統計目的のためにしか使用されない上、せっかくの無料で宣伝の機会を活かすことができません。
登録チャイルドマインダーは、可能な場合、品質が保証されたチャイルドマインディングネットワークに加入することを検討すべきです。欠員を補充するときに、ネットワークコーディネーターの支援が得られるだけでなく、品質保証や認定を受けたり、もう1つの有利なセールスポイントとなる就学前教育(Early Years education)を提供する機会を得たりすることができるのです。

 

評価への課題

評価基準1.3

守秘義務とデータ保護の重要性を説明する。
【保育・教育顕彰評議会タスク3】

守秘義務およびデータ保護の重要性についての説明を記述する。説明とは、あることが重要である理由を述べ、それを適切な詳細事項と証拠によって明確に示すことを意味する。
この評価基準については、守秘義務とデータ保護の両方について記述しなければならない。以下について考えること。

  • 守秘義務が何を意味するか理解しているか。
  • データ保護が家庭的保育者にとって何を意味するかを理解しているか。
  • どちらも優良慣行に不可欠であるのはなぜか。
  • それをどのような点であなたの方針と手順の基盤とするか。実践の中心とするのはなぜか。

保育・教育顕彰評議会タスクの代わりに、評価者と仕事について話し合い、その中で守秘義務とデータ保護の重要性を理解していることを証明することもできる。評価者は実務中の保育者の様子を観察して、業務での行動から知識を明確に推測することもできる。

 

すべての家庭的保育者は、可能なかぎり地域の子育て支援センターに関与するよう努力しなければなりません。そこで提供されるさまざまなサービスは、育児の息抜き時間の提供や包括的保育、時間外保育、休日保育など、保育サービスをこれまでとは異なる方向へ拡大する機会が得られるかもしれません。

重要用語
認定 - 全英チャイルドマインダー協会のChildren Come First(CCF)チャイルドマインディングネットワークの品質基準を満たしていることを示す証拠のポートフォリオを提示する。
子育て支援センター - 訪問保健師、基礎的技能教育(Basic Skills tuition)、就学前教育などさまざまな機関の専門家が支援を提供する、子どもと保護者のためのワンストップ施設

 

マーケティング資料と宣伝

どのようなビジネスにも独自のメリットとセールスポイントがあります。重要なセールスポイントをリストにまとめることが好ましいです。登録チャイルドマインダーは以下の点について考える必要があります。

  • 在宅環境

    • 英国教育水準局の報告書に示すとおり安全で安心できる環境か。
    • 地域コミュニティーに溶け込んでおり、近くに地域の公共施設があるか。
    • 確実に禁煙の環境か。
    • 地元の防火責任者の検査を受けたか。
    • 公共交通機関の便はよいか。
    • 十分な駐車スペースはあるか。
    • 学校(保育者が子どもの送迎を行う学校)からの距離はどのくらいか。
    • 週末の保育やお泊り保育を提供できるか。(お泊り保育を行う場合は英国教育水準局の同意が必要。)
    • 専用の遊び場と安全な庭があるか。
    • どのような食品を提供するか。
    • 特別なニーズや追加的なニーズを持つ子どもの保育が可能か。
    • 運転して、子どもを別の放課後活動に連れて行くことができるか。運転免許証に事故や違反の記録はないか。
    • 地域のチャイルドマインディンググループに加入しているか。
  •  

  • スキル、資格および経験

    • 応急処置の資格
    • 初期研修、事前登録、または認定
    • 全英チャイルドマインダー協会など職業団体の会員であること
    • 子ども・青少年事業従事者レベル3免状など、取得済みまたは取得を目指しているその他の資格または研修、ベビーマッサージ、英国手話、マカトン法、コミュニケーション、新生児の保育、糖尿病や嚢胞性線維症など特定の内科的疾患を持つ子どもへの対応、特定の医学的モデルの研修ではなく受け入れの研修における顕彰
    • チャイルドマインディングネットワークに所属し、品質が保証されていること
    • 手話を含め、複数の言語を話す。
    • 保育者自身の健康診断
    • 犯罪記録局の高度情報開示
    • 障害のある子ども、三つ子、未熟児など特定の保育に関する経験
    • 託児所、放課後のクラブ、休日プレイスキーム(holiday play scheme)で勤務するなど、有益な知識基盤の構築につながる保育の経験がある。
    • 発達と学習のために刺激的かつ独創的で、楽しく幅広い経験と機会を提供していることを裏付ける証拠を提示できるか。
    • 品質向上スキームへの取り組み
    • 継続職能教育(CPD)
  •  

  • 保護者に強調したい分野

    • 税額控除の適用対象であるか。
    • ナニーとして第三者損害賠償責任保険に加入しているか。(登録チャイルドマインダーは全員、加入が義務づけられている。)
    • 保険に加入している業務用の車があるか。
    • 加入している住宅保険は損害を補償するか。
    • 週末の業務など、保護者のシフト制勤務に柔軟に対応する態勢が整っているか。
    • 保育者の家族の他のメンバーは犯罪記録局の情報開示をしているか。
    •  
      上記は提案例の一つです。これは保育者が独自のセールスポイント(USP)を認識するのに役立てることを目的としたものであり、おそらく他にも多くのセールスポイントを思いつくことができるでしょう。

 

サービスの宣伝

セールスポイントのリストができあったら、次に何をするかを考えましょう。どのような方法で宣伝をするか、自分の名前と連絡先電話番号を公開しても差し支えないのであれば、以下の媒体を通じた宣伝を検討してみるのもいいでしょう。

  • 家族情報サービス
  • 無料の新聞広告
  • 地元の夕刊または週刊新聞
  • 行政区のニュースレター、学校バザープログラム、他の組織のニュースレター。これらの機関が保育者の事業を支援しているわけではないことを明確に示す必要があります。
  • インターネット上に独自のウェブサイトを開設するか、志を同じくするグループに加わって共同でウェブサイトを開設する。
  • 地元のラジオ局
  • 拡大学校(Extended School:2005年にイギリスで制度化された、学校とその地域内の企業やボランティア組織などとの協力による、学校教育の質の向上および地域活性化を目指したプログラムのこと) - 詳細について居住地域の地方自治体に問い合わせること。
ケーススタディー:特別な保育
ベルとパートナーは完全菜食主義者で、すべての食品を有機農法によって自家栽培しています。二人とも登録チャイルドマインダーで、1時間当たりの保育料を同じ地域の他のチャイルドマインダーよりも高く設定しています。二人は「有機栽培による完全菜食」のチャイルドマインディングサービスを提供することで、その保育料を正当化できると考えています。
アメーラは嚢胞性線維症の子どもにマッサージとセラピーを行う資格を取得しています。彼女はナニーとして、この疾患を患う子どもの保育を専門とし、彼女の収入には特殊な能力が反映されています。

  • 他の在宅保育者との違いを際立たせ、保育料と収入に直接影響を与えるサービスとして、どのようなことを提供できますか。

 

考察
保護者と地域の保育提供者とを結びつける検索エンジンを調べましょう。保育サービスを無料で宣伝し、地域で保育サービスを探している保護者から問い合わせを受けることができます。ホットリンクのセクションからウェブサイトにアクセスし、詳しい情報を得ることができます。

 

適切な実践のキーポイント
詳細な連絡先

宣伝資料に保育者の住所を記載することはよい考えとは言えません。嫌がらせの訪問を受けたり、子どもや保育者自身、また保育者の家族を危険にさらしたりするおそれがあります。こうした場合を考え、宣伝資料には連絡先のみを掲載すると良いでしょう。

 

NCMAの提言
仕事専用の携帯電話を用意するのもいいでしょう。

 

  • 名刺とリーフレット

    コンピューターを使って自分で作成するか、インターネットや近隣の印刷屋を利用して、名刺やリーフレットを用意することもできます。郵送料を支払うだけで、宣伝資料を無料で印刷してくれるウェブサイトもあります。宣伝資料は次のところに配布するとよいでしょう。

    • 知り合いの保護者
    • 所属する在宅保育グループのコーディネーターや会員
    • 子育て支援センター
    • 友人
    • 隣人
    • 助産婦
    • 訪問保育士
    • ソーシャルワーカー
    • 学校や未就学児グループのスタッフ
    • 保育所の管理者
    • シュアスタート(Surestart)のような育児教室を運営するスタッフ
    • マタニティスクールやママスクールを運営するスタッフ
  •  

  • その他の宣伝方法

    他には、以下の方法を実行することができます。

    • 登録チャイルドマインダーの場合は、自宅の庭や窓辺に看板を掲げる。
    • 仲介業者に加入する。極めて評判のよいナニーの仲介業者が多数ある。
    • 自分の車にポスターを貼る。
    • 地元の店舗、図書館、大学、学校、余暇および健康センターに名刺とリーフレットを置いてもらう。
    • インターネットのジョブサイトに履歴書と詳細事項を掲載し、関連サイトで欠員を探す。
    • Tシャツなどに広告を載せたり、キーホルダーなどの販促品を用意する。

どの程度マーケティングを行うかは各自の選択によって異なりますが、常に専門家としての印象を与える必要があるという点に留意することが重要です。

実際には宣伝する必要がほとんどなく、常に欠員待ちリストができるような登録チャイルドマインダーもいるでしょう。これは極めて幸運な状況ですが、そういう状況に至るまでにはかなり長期にわたって専門的で信頼できるサービスを提供する必要があります。
家族から個人的な推薦を受けることはチャイルドマインダーにとって最大の賛辞であり、それを目指して保育者は日々努力を怠ってはならないのです。

 

考察
マイクは登録チャイルドマインダーとして働いています。2歳以上の子どもを週5日間の午前中(最長で4時間)に保育する枠に欠員が出ています。
マイクのチャイルドマインディング業務は銀行休業日と8月の3週間は休業しています。
午前中1日当たりの保育料は、午前中のおやつと軽い昼食を含めて¥3,350です。マイクの連絡先には留守番電話を設置しています。
上記の情報を使って、地元の保健センターの掲示板に掲示できる葉書サイズの小型の広告をデザインしてみましょう。

 

ケーススタディ:効果のない広告

キャンディスは登録チャイルドマインダーで、現在数名の欠員が出ていますが、補充することができない状況のようです。
彼女は封筒の裏に自分のサービスの簡単な説明を記入し、地元の新聞販売店に1週当たり¥7,250支払って広告の掲載を依頼しました。
毎日の学校への送迎と休日保育を希望する保護者からの問い合わせが1件ありましたが、地域の標準的な1時間当たりの保育料が¥500であるのに対し、その保護者は¥290しか支払う用意がありませんでした。
キャンディスの助手は、掲載した広告がありきたりなものでラフだったため、あまり良い印象を与えなかったのではないかと言いました。
そんな中、キャンディスの長男がコンピューターを使って魅力的なフライヤーを作成してくれたため、キャンディスは新聞販売店の封筒からこのフライヤーに切り替えました。また彼女はそれを保健センターと地元の学校の保護者用掲示板にも掲示し、地域の家族情報サービスにも連絡しました。
この宣伝を出した結果、数件の問い合わせがあり、すべての欠員が埋まったわけではありませんが、数家族にサービスを提供できることになりました。

自分の宣伝方法について考えてみましょう。

  • それは効果的で、成果を上げていますか。
  • より質の高い資料を使って宣伝の効果を高めることができますか。
  • 地元の家族情報サービスに詳細事項を登録していますか。

 

課題一覧へ戻る→