なぜ家庭的保育者になるのか

なぜ家庭的保育者になるのか

 

人が在宅保育者になる理由はさまざまである。多くのチャイルドマインダーは、自宅で自立して働く自由さと柔軟性を満喫している。
ナニーも同様の自由さと柔軟性の恩恵を受けることができる。チャイルドマインダーとナニーは人、特に子どもに関わる仕事に喜びを見出す。
在宅保育者は多くの子どもとその保護者に極めて貴重なサービスを提供する。
保育は要求の厳しいきつい仕事であるが、同時に非常にやりがいのある仕事でもある。
これは子どもへの愛情だけでなく、子どもについての深い理解も要求される熟練を要する仕事である。
他の専門職と同様に、家庭的保育者は研修を受けてスキルや知識を開発することが極めて重要である。
つまり在宅保育者は、継続職能教育(CPD)に取り組まなければならない。
重要用語
継続職能教育(CPD) - 継続的に研修を受けて関連するスキルや知識を更新すること。

 

あなたは子どもと一緒にいて、子どもを世話することを楽しいと感じているはずである。そうでなければ、登録在宅保育者になろうとは思わないであろう。おそらく、それがこの職業を選ぶ最も重要な理由である。登録在宅保育者になると、保育する子どもに対してあらゆる面で全責任を負う。その責任は、子どもが保育者と一緒にいる間中ずっと担わなければならない。コーヒーやお茶の休憩をしたり、昼食の時間を取ったりすることはできない。頭の後ろにも目が必要であり、第六感を働かせる必要もある。強靭な忍耐力とユーモアのセンスも必要である。
在宅保育者、特にチャイルドマインダーは長い間、やや否定的な受け止め方をされてきた。保育の仕事は「シンデレラの役割」と見なされ、チャイルドマインダーに対して「いつ正規の職業に就くつもり?」や「1日中自宅にいて、子どもと遊んでいるなんていいね」などと言う人も珍しくなかった。しかし、こうした認識は徐々に変わりつつある。
在宅保育者の中には、一緒に仕事をする助手を雇っている人も多い。仕事量を分担でき、常に他の人と仕事をするという社会的な側面があるという点で、それはチャイルドマインダーとアシスタントの双方にとって極めて有益である。助手が独自に登録した場合、それは事業と家族に提供するサービスの拡大が可能になることを意味する。

課題一覧へ戻る→