Hello!Childminder-【キッズルーム Mes trēsors】 櫻井 由紀子さん

ハロー!チャイルドマインダー
キャリアセンター会員として様々な場で活躍するインディペンデント・チャイルドマインダーのご紹介です!
 

「私だからできる保育」をめざして

キッズルーム Mes trēsors 櫻井 由紀子さん

家庭的保育(在宅型)
活動:2015年~
活動エリア:東京都目黒区
営業日:年中無休(ご予約の無い日がオフ)

訪問レポート

【これまでの道のり】
 日本・ヨーロッパの幼稚園・保育園等で20年間、保育の経験を積み、「私だからできる保育をしたい!」との思いから、型にはめることのない丁寧な保育をめざして開業しました。
 チャイルドマインダーの資格は、「保育の幅を広げられるように」と、渡仏前に取得。
 フランスから帰国後すぐに開業できたのは、渡仏中からNCMA,Japanキャリアセンターやチャイルドマインダー仲間とSNSやSkypeなどで交流、開業手続きから開業後の書類作成や集客などについて相談できたからです。


【この街で、一歩一歩】
 小さなお庭のあるルームは、最寄駅から徒歩5分。デリの栄養士さん考案のお食事をお子さまに提供したり、ギャラリーの作家さんと組んでイベントをしたり……大家さんをはじめご近所の皆さんとの温かい繋がりに恵まれた環境です。
 NCMA,Japanキャリアセンター、チャイルドマインダーや保育者仲間、ご近所の方々、友人や家族など多くの方からのご協力、共感をいただくなかで、「私だからできる保育」へ一歩また一歩と進んできて、いまのキッズルーム Mes trēsorsがあります。


【またの名を「由紀子先生のおうち」】
 キッズルーム Mes trēsorsは、「大切な宝物」という意味。在仏中に恩師と名付けた大切な名前です。そしてルームは、ご家族やお子さまとの時間、お子さまの成長、ご家族の思いなど、まさに大切なものであふれています。玩具や絵本、手作りのオブジェや絵などは、これまでの保育で集めたり、世界中の方々からいただいたりした、思いの籠ったものばかり。「小さい時にサンタさんからもらったの、大切にしてね」と子どもたちからもいただくんです! ですから、「初期経費はどのくらいでしたか?」と聞かれると、「宝物は自然と集まってきたんです」とお答えしているんですよ。
 Mes trēsorsは、「由紀子先生のおうち」とも呼ばれています。「第二のおうちのような存在でありたい」と思っているので、とてもうれしいです。ご予約のない日も立ち寄ってくださることがあったり、海外からのご家族が「由紀子先生の家を目指して来るんです」と言っていただいたり―。とても幸せなお仕事だと思っています!


【お子さんとご家族の、いつも身近に】
 家庭的保育の良さは、ご家族の近くで、0歳から小学生までお子さまの成長をずっと見守ることができることです。
私もお客さまを「第二の家族」と思っています。心を開いてお話しをしてくださって、ご相談を受けることもあり、これまでの経験に重ね、心理学やカウンセリングの勉強をしてきちんと受け止める力をつけたいと思っています。



【「大人の権利と子どもの権利」】
「大人の権利と子どもの権利」が確立した海外と比べると、日本では預けることに引け目を感じたり、母子分離ができなかったり……まだまだと感じます。
子どもには子どもの世界があり、大人には大人の世界があります。趣味の時間、夫婦の時間、親子の時間、友人との時間……と、個々が尊重され、幸せな時間がもてるように、私の保育がお役にたてればと思っています。


【チャイルドマインダーを目指す方へアドバイス】
「一期一会」。個人事業主となり不安もありますが、NCMA,Japanキャリアセンター、チャイルドマインダーや保育者仲間に相談したり、ともにリフレッシュしたり、時には討論も。そんななかで、ほとんどのことは解決します。また様々な分野で活躍されるお客さまから刺激を受け、ご縁も広がって行きます。つながりを大切にすることで、前向きな気持ちでいられますし、自然とお仕事も増えていくと思います。

(公開2017年8月)

【活躍チャイルドマインダー】一覧に戻る→