国際職業能力評価基準資格”CACHE”とは

キャッシュ資格とは

乳幼児期から学童期までの
【養護・保健・教育】の充実プログラム――

国際職業能力評価基準資格「CACHE」へ踏み出しましょう

CACHE; Council for Awards in Care, Health and Education



 

子どもにかかわる仕事を見直し、
「広範な知識・高い専門性を身につけたい」「就業のチャンスを広げたい」と考えるあなたへ。
キャッシュ資格へ、ようこそ!

NCMA,Japanは、英国のCACHEが提供するプログラムが学習できる専門校であり、受講から資格取得と登録までのすべてのサポートを行う承認を受けた日本唯一の「キャッシュ・センター」です。

CACHE(Council for Awards in Care, Health and Education/養護・保健・教育審議会)とは?

英国で保育の質を高めるべく1945年に英国保健省によって設立された国立保育園試験委員会(NNEB)と英国児童審議会により1994年に設立された資格機関です。さらに2001年には児童福祉協議会を設立、2015年には英国の資格認定機関として知られるNCFE(Northern Council for Further Education)の一員となり、そのカリキュラムは英国内外の1500を超える大学や訓練機関で学習されています。
近年ではキャッシュセンターを通じて年間15万人以上もの人が登録をしており、これらの資格は国際職業能力評価基準資格として認定されています。

CACHEの資格には難易度に応じて「レベル」が設定されており、エントリーレベルから最大でレベル5までのレベルが設けられています。
また英国では学習者の学びたい分野に合わせたユニットがあり、養護・保育・教育における様々なスキルを習得することができます。

NCMA,Japanがキャッシュ・センターとしてサポート提供する、乳幼児期から学童期までの「養護・保健・教育」に関するプログラムと学習内容、評価・資格取得、登録までをまでの流れを簡単にご紹介します。

CACHE レベル3 評価課題CYPOP5:家庭的保育サービスの設定

【このユニットの目標】
このユニットでは学習者が家庭的保育者/チャイルドマインダーとして働くためのスキルを学習します。
このユニットはチャイルドケアに関する学習だけでなく、家庭的保育サービスを始めるにあたっての基本的なビジネススキルの習得や、登録手順、方針の策定の知識を習得していきます。

評価の対象となる課題

▼家庭的保育者とは
▼課題1 家庭的保育サービスを開始するにあたって
▼課題2 子どもにとって安全で、健康的な家庭的保育環境をどう整えるかを理解する
▼課題3 家庭的保育サービスの全ての面で、保護者とのパートナーシップがいかに重要かを知る
▼課題4 家庭的保育サービスの日課をどう定めるのかの原則を理解する
▼課題5 家庭的保育環境の中で、平等と差別のない受け入れを支援する遊びやその他の活動をどのような方法で子どもに提供するかを理解する
▼課題6 家庭的保育者が、保育する子どもの安全確保をどのようにできるかを理解する
▼課題7 家庭的保育で子どもの好ましい行動(積極的な態度を支援する原則(基本方針)を理解する